第21回日本がん免疫学会総会

プログラム

日程表

1日目6月28日(水) 2日目6月29日(木) 3日目6月30日(金)

プログラム

企画演題プログラム 一般演題プログラム2日目 6月29日(木) 一般演題プログラム3日目 6月30日(金)

PDFを閲覧・プリントするには、Adobe Readerが必要です。
最新バージョンのダウンロードをお勧めいたします。

International Symposium Organized by Leading Graduate School Chiba University

6月28日(水曜日)15:05~18:00 第1会場

「Molecular Basis of Cancer Immunotherapy」
座長: MOTOHASHI Shinichiro(Department of Immunology, Graduate School of Medicine, Chiba University)
HIRANO Naoto(Princess Margaret Cancer Centre, University of Toronto)
Opening Remarks
NAKAYAMA Toshinori( Department of Immunology, Graduate School of Medicine, Chiba University)
「Human Genome Engineering to Improve Antitumor Immunity」
演者:Carl H. June( Center for Cellular Immunotherapies, Perelman School of Medicine, University of Pennsylvania, Philadelphia, PA)
「Generation and maintenance of human tissue resident T cells」
演者:Donna Farber( Department of Surgery and Microbiology and Immunology, Columbia University)
「Cross-talk between immunogenic and oncogenic pathways in the human tumor microenvironment」
演者:Weiping Zou( Department of Surgery, University of Michigan Medical School)
「HLA-DP84Gly constitutively presents endogenous peptides generated by the class I antigen processing pathway」
演者:HIRANO Naoto( Tumor Immunotherapy Program, Princess Margaret Cancer Centre, Department of Immunology, University of Toronto)
「Integration of genome and multiomics analyses to decipher anti-tumor immune responses」
演者:NISHIKAWA Hiroyoshi( Division of Cancer Immunology, Research Institute/EPOC, National Cancer Center)

モーニングセミナー1

6月29日(木曜日)8:00~8:50 第1会場

座長:西村泰治(熊本大学生命資源研究・支援センター西村プロジェクト研究室)
「免疫チェックポイント阻害剤を中心とした複合的がん免疫療法の将来展望」
玉田耕治(国立大学法人山口大学大学院医学系研究科免疫学講座)

共催:中外製薬株式会社

シンポジウム1 Immune Cell Engineering

6月29日(木曜日)9:00~11:45 第1会場

座長: 平野直人(Princess Margaret Cancer Centre, University of Toronto)
池田裕明(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科腫瘍医学)
「遺伝子改変細胞を用いた免疫療法の実用化に向けて」【Overview Talk】
演者:池田裕明( 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科腫瘍医学)
「Engineering T-cells, T-cell Receptors and their Ligands for Cancer Immunotherapy」
演者:Andrew K. Sewell( Division of Infection and Immunity and Systems Immunity Research Institute Cardiff University School of Medicine)
「Regeneration of CD8αβ type T cells with potent tumor antigen-specific cytotoxic activity from iPSCs:towards the application of the method to allogeneic settings」
演者:KAWAMOTO Hiroshi( Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University)
「Genetic and epigenetic modifications of antitumor T cell grafts for optimal adoptive T cell therapy」
演者:HIRANO Naoto( Tumor Immunotherapy Program, Princess Margaret Cancer Centre, Department of Immunology, University of Toronto)
「Redirecting T cells towards epitope/HLA complexes for the treatment of hematological cancers.」
演者:FUJIWARA Hiroshi( First Department of Internal Medicine, Ehime University Hospital)
「IFN-γ is required for cytotoxic T cell-dependent cancer genome immunoediting」
演者:TAKEDA Kazuyoshi( Division of Cell Biology, Biomedical Research Center/Department of Biofunctional Micribiota, Graduated School of Medicine, Juntendo University)

ランチョンセミナー1

6月29日(木曜日)12:00~12:50 第1会場

座長:門脇則光(香川大学医学部血液・免疫・呼吸器内科学)
「悪性腫瘍に対するウイルス療法開発の現状と展望」
演者:谷憲三朗(東京大学医科学研究所ALA先端医療学社会連携研究部門)

共催:アステラス製薬株式会社

Keynote Lecture 1

6月29日(木曜日)13:00~14:00 第1会場

座長:中山俊憲(千葉大学大学院医学研究院免疫発生学)
「CAR T Cells Take a Place in Mainstream Oncology」
演者:Carl H June( Center for Cellular Immunotherapies, Perelman School of Medicine, University of Pennsylvania, Philadelphia, PA)

シンポジウム2(バイオセラピィ学会合同シンポジウム)
Tumor Microenvironment and Therapeutic Implication

6月29日(木曜日)14:05~17:00 第1会場

座長: 西川博嘉(国立がん研究センター先端医療開発センター免疫TR分野)
角田卓也(昭和大学臨床薬理研究所臨床免疫腫瘍学講座)
「腫瘍微小環境―その重要性と治療との関連―」【Overview Talk】
演者:清野研一郎( 北海道大学遺伝子病制御研究所免疫生物分野)
「Metabolic control of immune cell subsets in the tumor microenvironment」
演者:Weiping Zou( Department of Surgery University of Michigan Medical School)
「Recent advances in immunotherapy for non-small cell lung cancer―Current status and future perspectives―」
演者:SUZUKI Hiroyuki( Department of Chest Surgery, Fukushima Medical University)
「Clinical Significance of tumor-infiltrating immune cells in gastric cancer」
演者:TANAKA Hiroaki( Department of Surgical Oncology, Osaka City University Graduate School of Medicine)
「Novel CAR-T cell technology for treatment of solid tumors」
演者:TAMADA Koji( Yamaguchi University Graduate School of Medicine, Department of Immunology)
「Immune suppressive microenvironment in cancer tissues」
演者:NISHIKAWA Hiroyoshi( Division of Cancer Immunology, Research Institute/EPOC, National Cancer Center, Tokyo/Chiba, Japan、Department of Immunology, Nagoya University Graduate School of Medicine, Nagoya, Japan)
「Inducing infiltration of CTLs into the tumor by immunotherapy to make anti-PD-1/PD-L1 therapy more effective」
演者:NAKATSURA Tetsuya( Division of Cancer Immunotherapy, Exploratory Oncology Research & Clinical Trial Center, National Cancer Center)

ランチョンセミナー2

6月29日(木曜日)12:00~12:50 第2会場

座長:平家勇司(聖路加国際大学免疫・細胞治療科)
「がんに対する活性化自己リンパ球移入療法~先進医療制度、再生医療新法を経験して~」
演者:山口佳之( 川崎医科大学臨床腫瘍学)

共催:アストラゼネカ株式会社

モーニングセミナー2

6月30日(金曜日)8:00~8:50 第1会場

座長:吉村清(国立がん研究センター先端医療開発センター免疫療法開発分野)
「CyTOFを用いた免疫プロファイリングの実際」
演者:竹内美子( 国立がん研究センター先端医療開発センター免疫TR分野、大阪大学大学院医学系研究科呼吸器・免疫アレルギー内科)
「免疫チェックポイント阻害剤の開発状況と今後の展望」
演者:北野滋久( 国立がん研究センター中央病院先端医療科)

共催:フリューダイム株式会社

シンポジウム3 NKT Cell Immunotherapy

6月30日(金曜日)9:00~10:55 第1会場

座長: 本橋新一郎(千葉大学大学院医学研究院免疫細胞医学)
藤井眞一郎(理化学研究所統合生命医科学研究センター免疫細胞治療研究チーム)
「NKT細胞のがん免疫療法における役割と今後の展望」【Overview Talk】
演者:本橋新一郎 (千葉大学大学院医学研究院免疫細胞医学)
「NKT細胞をトリガーとする生体内樹状細胞標的療法」
演者:藤井眞一郎 (理化学研究所統合生命医科学研究センター免疫細胞治療研究チーム)
「iPS細胞由来NKT細胞によるがん治療技術の開発」
演者:古関明彦 (理化学研究所統合生命医科学研究センター免疫器官形成研究グループ)
「非小細胞肺癌に対するNKT細胞を用いたがん免疫療法」
演者:本橋新一郎 (千葉大学大学院医学研究院免疫細胞医学)
「頭頸部がん患者で診られる免疫抑制とNKT細胞免疫系を用いた免疫療法」
演者:岡本美孝 (千葉大学大学院医学研究院耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍学)

Keynote Lecture 2

6月30日(金曜日)11:00~12:00 第1会場

座長:平野直人(Princess Margaret Cancer Centre, University of Toronto)
「Tissue Compartmentalization of Human Immune Responses」
演者:Donna Farber( Department of Surgery and Microbiology and Immunology, Columbia University)

特別ランチョンセミナー

6月30日(金曜日)12:10~12:55 第1会場

座長:珠玖洋(三重大学大学院医学系研究科遺伝子・免疫細胞治療学)
「日本がん免疫学会の歴史と今後」
演者:河上裕(日本がん免疫学会理事長/慶應義塾大学医学部先端医科学研究所細胞情報研究部門)

共催:富士ソフト株式会社

シンポジウム4 Immune Checkpoint Blockade and Immune Regulation

6月30日(金曜日)13:25~15:50 第1会場

座長: 鳥越俊彦(札幌医科大学医学部第一病理学教室)
垣見和宏(東京大学医学部附属病院免疫細胞治療学講座)
「免疫チェックポイント阻害剤がもたらしたパラダイムシフト」【Overview Talk】
演者:垣見和宏 (東京大学医学部附属病院免疫細胞治療学講座)
「Targeting Immune Regulation at the Tumour Site」
演者:Sergio A. Quezada (Cancer Immunology Unit, UCL Cancer Institute, University College London, United Kingdom)
「Combination cancer immunotherapy for anti-P-1 antibody:anti-CD4 depleting antibody and an inhibitor of CCR2-associated molecule FROUNT」
演者:MATSUSHIMA Kouji (Department of Molecular Preventive Medicine, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo)
「Landscape of the natural HLA class I ligand peptides」
演者:TORIGOE Toshihiko (Department of Pathology, Sapporo Medical University)
「T cell energy metabolism regulates anti-tumor effect mediated by PD-1 Blockade」
演者:CHAMOTO Kenji (Department of Immunology and Genomic Medicine, Graduate School of Medicine, Kyoto University, Kyoto, Japan)

共催:小野薬品工業株式会社、ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社
このサイトについて|Copyright © 第21回日本がん免疫学会総会 All Rights Reserved.